奈良・箸中の家 2018
農業を暮らしの中心に据えながら 人とかかわるオープンな空間づくりがテーマでした。住宅棟とアトリエ棟からなるひとつながりの大きな屋根につつまれた空間の下で、日々いろんな人がかかわりあいながら暮らす、新しい形の住の提案です。